筋機能訓練

物を飲み込むとき、舌で歯を強く押すと歯並びが悪くなり、はっきりしない発音になります。
ひどい場合には、顎の形も変えてしまいます。
このような、間違った舌の動きを「舌突出癖」と呼んでいます。

舌へき(舌の悪いくせ)があると、治療に悪影響を及ぼします。
舌へきがある場合、矯正治療と平行して舌癖防止訓練をしていくようになります。
正常な舌の位置を維持できるようになるには、根気よくトレーニングをしていく必要があります。

気になることがあったら、かかりつけの歯科医師に相談してください。

われわれ歯科医師は食事を取るという、人間にとって最も重要な役割をする領域を管理させていただいております。
「口は健康の入口」ということが言われていますが、さらに一歩踏み込んで、今回は、歯をとりまく環境について考えてみました。